見返りを求めず陰徳積善で*Kin26

MAYA*マヤの叡智

Kin26 銀河の音13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い

・見返りを求めず実践していきましょう。
・見えないものを意識してみましょう
・向上心を持って取り組んでみましょう

今日は「白い魔法使い」の期間、最後の日
「赤い龍」で誕生し始まった260日の命に対して徳積みの人生を送りなさいというのが「白い魔法使い


赤の勢いで得たことを削ぎ落としたり、内面を見つめたりするのにも良い期間でした。断捨離もOK!皆さんはどんな13日間になりましたか?

今日は13日目
「13」ギフトの日
没頭することでメッセージが降りてきます。

さらに今日は
太陽の紋章が「白い世界の橋渡し」ですので

白×白

ピュアで純粋な日
もう一度心の中を見つめて、心の軸を探してみてくださいね
(白い世界の橋渡し、スケール大きく描いてみてね♪)

そしてダイアリーをお持ちの方は
13日を振り返って、ダイアリーに記入してみてください。

日記を書くことは潜在意識にアクセスしやすくなると言われています。そもそも書くという行為自体が、脳のすべての部位が総動員されて行われています。

たまには筆を走らせるのも良いですね♪

昨日は朝から、メジャー初優勝の渋谷日向子さん(ゴルフ)が自然体であると話題になり
早速キン番号を調べたら、
「Kin1」番!!赤い龍、赤い龍 音1
スタート立ち上げの番号で、マヤすごいと大興奮しておりましたら、代表の越川先生から毎朝送られてくるシンクロ通信で渋谷日向子さんについて詳しく書いておりました!面白いので文末にシェアしますね。

我が家の次男坊
すっかり現地の人の様な風貌になってきました。英語も通じない地域で、どうやってコミュニケーションを取っているのだろうと思いますよね。私も幼少期入っていた国際交流団体で何度かホームステイに行っているのですが

その時にコミュニケーションで大事な事は

① Tone of Voice!
② Eye contact!
③ Body Language!

と学んでいました。

言葉が通じなくても
大きい声で、目を見て、身振り手振りで伝えようと思えばコミュニケーションできてしまうのですね。

白魔法使いのテーマは
許すこと
許すことは愛すること
陰徳積善の精神で。

今日も笑顔でコミュニケーション
素敵な13日目をお過ごしください

文末に「渋谷日向子さんん」のシンクロ通信載せています。シンクロ通信はお試しで1週間無料購読できますのでぜひご利用ください。渋谷日向子さんも笑顔でプレーですね♪

GAIA&Body Navigator *MARI

すっかり馴染んでる次男坊〜そして、教会で「お兄ちゃん見つけた」と送られてきた写真。似てる。。。。


【シンクロ通信 8月6日号】

女子ゴルフの今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンは4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGCで最終ラウンドが行われ、通算14アンダーの単独首位で出た20歳の渋野日向子(しぶの ひなこ)選手が18アンダーで初優勝を果たしました。

日本人のメジャー制覇は男女を通じて、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子さん以来42年ぶりで、史上2人目の快挙とのこと。なんとも嬉しいニュースです。

《20歳の渋野が、快挙をやってのけた。岡本綾子、福嶋晃子、宮里藍さんらが跳ね返されたメジャーの壁を、海外初試合で突破した。

天真らんまん。第2日を終えた後、今後も海外で活躍する願望を問われ、「全くないです。今回出ても全くない。日本がいいって思います。あはは…。すみません」と返している。2年前に引退した宮里さんが、高校時代から「世界一になる。そのために米女子ツアーでプレーしたい」と言っていたのとは対照的だ。

宮里さんは言葉通りに、海を渡り、世界ランキング1位になった。それでも、メジャー制覇を果たせなかったことで、モチベーションが低下。引退会見では、その苦しみを明かした。そんな宮里さんは、今年5月、自身がアンバサダーを務めたワールドレディスサロンパス杯でプロ初勝利を飾った渋野について「プレー中も笑顔が多くて、最近、あんまりいないタイプの子。将来性のある選手の1人かなと感じました。楽しみですね」と語っていた。確かに宮里さんもプレー中に笑みを浮かべるタイプだったが、渋野のようにギャラリーとグータッチをすることはなかった。

身体能力に恵まれ、外国勢に負けない飛距離、スピン力を有し、楽しそうにプレーするニューヒロイン登場。世界的には新星が、いきなりメジャーで優勝する例はあったが、日本人では初めてだ。渋野を含めた「黄金時代」の台頭しかり、日本女子ゴルフ界は、新たな時代に突入した。ただ、彼女たちの活躍も子供の頃、宮里さんらが世界に挑み続けてきた姿が、礎になっている。

そして、歴史の1ページは刻まれた。今後は「日向子にできるなら自分も」と、世界一を本気で目指す選手が続出することだろう。》

(日刊スポーツ 8月5日)

渋野日向子選手は1998年11月15日生まれ K1 赤い龍 赤い龍 音1です。昨年11月の誕生日よりK21 赤い龍 白い魔法使い 音8がまわっています。そして今回の全英女子オープンはK20、21、22、23の4日間でした。

ちょうど誕生日から260日前後だからこそ、昨年の誕生日と同じキンナンバー周辺がまわってきたのです。誰もが誕生日から260日後に自分の1年間まわってきているキンナンバーと同じキンナンバーがまわってきます。その期間は、その配列の意味することが、とくに表に強く出やすい傾向があります。

「K21~24」は易経と照合すると「雷天大壮(らいてんたいそう)」となります。これは「勢い盛んなエネルギー」を象徴しています。それが今回、そのまま鮮やかに顕現したようです。見事なものです。

「赤い龍」が勢いに乗りと、どこまでも上昇気流で舞い上がるイメージです。おそらく余分なことを考えず、勢いのままに突き進んだのがよかったのでしょう。

渋野選手のメジャー優勝に関し、新聞やネットでは「緩(ゆる)さ」や「新人類」といった表現が数多く登場します。これから様々な紆余曲折を経ながら、さらなる成長を遂げるのでしょうが、まだ20歳です。行けるところまでは「勢い」で突き進んで欲しいと思います。

さてK25 赤い蛇 白い魔法使い 音12です。

「気持ちが前向きにならないときにやることは一つ。今の自分の気持ちに『全力』で正直になること。それだけです。」

との表現を見つけました。自分の気持ちを確認し、そこに「全力」で正直になる。これをイメージしながら、自分自身で試してみてはいかがでしょう。

自分の気持ちに正直になる。これを意識するだけで、生きづらさからだいぶ解き放たれるのではないでしょうか。

シンクロ通信は月千円から購読できます
新聞がわりに是非

1週間無料お試しもできます
http://ws.formzu.net/fgen/S64587056/